裁判情報の仕入れ方

法廷で行われる裁判の傍聴は、だれでも傍聴が可能です。
民事裁判では、口頭弁論や判決の手続が公開されています。
また、刑事裁判では公判や判決の手続が公開されています。
傍聴する際は裁判所に対して事前に申込の必要はありませんが
希望者が多数いる場合は、傍聴券交付手続きが行わられる場合があります。
また、個人ではなグループで傍聴するさいは、予約を必要とする場合も
ありますので注意が必要です。
行われている裁判の情報は、法廷の入口に掲示されている裁判の開廷表と
呼ばれる予定表に記載されています。
場所によってはすべての法廷の予定表を玄関ホールなどに掲示しているところもあります。
非公開の調停や審判等は、傍聴することが出来ないので注意してください。
傍聴する際の注意点が法廷の入口付近に掲示されています。
内容として法廷内では、審理の妨げになるような大きな声や音を立ててはいけないということと
持ち物について危険物、撮影や録音を出来る機器等を許可なく法廷内に持ち込むことは禁止されています。
傍聴する際は、上記のような情報が裁判所のホームページに記載されており確認することが
可能となっているので事前に確認を行ってから傍聴するのがベストだと思います。

Comments are closed.